宅地建物取引主任者(宅建)

宅地建物取引主任者宅建)は、不動産の関連業界でとても重要視されている国家資格で、就職、転職、独立の際に役立つ国家資格です。

    資格取得の通信講座や受験の費用を借りるなら!
    468*60

宅地建物取引主任者について

宅地建物取引主任者とは、宅地建物取引主任者資格試験に合格し、宅地建物取引主任者資格試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、なおかつ、当該知事の発行する宅地建物取引主任者証の交付を受けた者を宅地建物取引主任者といいます。

宅地建物取引主任者は、不動産の売買、賃貸の代理、媒介などの業務を行なう専門家であり、宅地建物取引業を営もうとする場合には、5人に1人の割合で宅地建物取引主任者を置く事が義務付けられているほど重要視されている資格です。

また、宅地建物取引に関する知識は、マイホームの購入やアパート、マンションの賃貸契約を結ぶ時にも役立ちますので、宅地建物取引主任者についての知識を得る事は、日常生活を営む上でも重要です。

宅地建物取引主任者資格試験(宅建)について

宅地建物取引主任者になるためには、宅地建物取引業法で定める宅地建物取引主任者資格試験(宅建)に合格する事が必要です。

宅地建物取引主任者資格試験は、国土交通大臣より指定試験機関として指定を受けた、財団法人不動産適正取引推進機構が各都道府県知事の委任のもとに宅地建物取引主任者資格試験を実施します。

宅地建物取引主任者試験の受験資格は、年齢、学歴等の制約も無く、宅地建物取引主任者試験は主婦でも受験ができる、門戸が広く開かれた国家資格試験です。

試験は、原則として、毎年10月の第3日曜日に行なわれます。

宅地建物取引主任者試験の主な内容としては、

1.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関する内容。

2.土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関する内容。

3.土地及び建物についての法令上の制限に関する内容。

4.宅地及び建物についての税に関する法令に関する内容。

5.宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関する内容。

6.宅地及び建物の価格の評定に関する内容。

7.宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関する内容。

となっています。

宅地建物取引主任者資格試験の合格発表は、原則として、12月の第1水曜日に、各都道府県ごとに発表されます。

宅地建物取引主任者試験に出題される宅地建物取引業法や民法などは、学ぶ範囲が非常に広いため、宅地建物取引主任者試験の合格を第一目標とするのであれば、独学で勉強するよりも、出題傾向等を把握している専門学校や通信教育で学ばれるのが良いでしょう。

不動産関連の資格取得との相互リンクについて

不動産関連の資格取得では、相互リンクを募集しています。

相互リンクを御希望の方は、下記内容にて貴サイトにリンク設置して頂いた後、
相互リンク依頼の入力フォーム にて御連絡をお願い致します。

リンク用ソース:
<a href=http://www.yokunaruyo.com/taken.html target="_blank">宅地建物取引主任者(宅建)の資格取得</a>

相互リンク依頼の入力フォームは、コチラから

当方の自主基準により相互リンクをさせて頂いた場合は、当方より、貴サイトのリンクを設置させて頂いた旨の御連絡を致します。

相互リンクの御依頼後、一週間以上経過しても貴サイトのリンクが掲載されない場合は、御縁が無かったものとお考え下さい。

また、相互リンクを御遠慮させて頂いた場合の御連絡は、いたしておりませんので、御了承をお願い致します

関連情報

不動産関連の資格取得MENU

Copyright (C) 2007 不動産関連の資格取得. All Rights Reserved.